トップ > 淋病 潜伏期間 > 淋病 潜伏期間

淋病 潜伏期間

--------------------------------------------------------------------------------
【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
--------------------------------------------------------------------------------

「自分は関係ない」おそらく、性行為経験のある大半の方が、そう思っていることでしょう。

しかし、油断しないでください。淋病の症状は、感染後すぐに現れるものではありません。

淋病には潜伏期間、つまり、症状のない期間があるのです。

 

淋病は、以下のようなことが原因で感染するといわれています。

思い当たることがひとつでもある場合は、注意してください。

・コンドーム不使用の性行為
・オーラスセックス
・性器具を共用した

このようなことに思い当たることがある場合、

もしかしたら淋病の潜伏期間にあるかもしれません。

淋病の潜伏期間、そして潜伏期間後の症状は、男性と女性では大きく異なります。

男性の場合、2~9日の潜伏期間があります。

その後、尿道炎を生じ、尿道にかゆみや熱感が現れ始めます。

そして、排尿時には激痛が走ると言われています。

黄色くてドロドロした膿が出ることも少なくありません。

感染の可能性がある行為をしてから、9日以上経過しているから安心かというと、

そうとは限りません。中には、潜伏期間が2週間以上にも渡るケースもあるのです。

感染していることに気づかないままでいると、前立腺炎や福睾丸炎を起こすことがあります。

また、慢性化してしまうと関節炎や心内膜炎などを起こすことも考えられます。

 

女性の場合、全ての感染者に症状が現れるわけではありません。

自覚症状がない故に、適切な治療を受けることもなく経過してしまうことも珍しくないのです。

粘液性や膿性のおりものが、主な症状としてあげられています。

しかし、そのような症状がなく放置していると、

子宮頸管炎が子宮内に起こる可能性があります。

さらに、その炎症は卵管内や腹腔内にまで広がることがあります。

 

もしも自分が淋病に感染していると知らず、

潜伏期間の間にパートナーと性行為をしたらどうなるか...。

考えるだけで恐ろしくありませんか?

大切な人を淋病に感染させてしまうことになりかねません。

もしも淋病に感染している可能性があるのなら、

早めに検査を受けることを強くおすすめします。

---------------------------------------------------------------
【ニュース】 増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切!
---------------------------------------------------------------

◆性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加しています。
STD感染者数はここ4~5年で急増し、国内感染者数は600万人、
毎年60万人が感染していると推定されています。
代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、
20代前半女性の16人に1人、10代後半女性の21人に1人が
感染しているとの報告もあります。

◆特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくく、
知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。
治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や
出産時の母子感染の可能性もあります。

◆HIV(エイズウイルス)感染も性感染症です。
先進国でHIV感染者数が増えているのは日本だけです。
クラミジアなどの性感染症に感染していると、HIVに感染する危険度が
3~5倍高くなるといわれています。

◆今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気でなく
誰がかかっても不思議でない病気になっています。
心配な時は、まず検査を受けることが大切です。

◆STD研究所の ◆性病検査 STDチェッカー◆ は、
ついためらいがちな性病検査を、自宅で簡単に受けられる検査キットです。
自宅で採取した検査物(尿・分泌液・血液)をポストに投函し、
1~2週間後に結果がわかります。
匿名で受けることができ、結果はセキュリティサイト(パソコン・携帯)に
アクセスして確認するため、プライバシー対策も万全です。

◆商品タイプは18種類、検査項目が豊富で、様々なニーズに対応しています。
(検査は国の認可を受けた登録衛生検査所で実施されます。)
---------------------------------------------------------------
◆クラミジア◆淋菌◆HIV(エイズウイルス)◆梅毒◆
◆トリコモナス◆カンジタ◆ヒトパピローマウイルス◆
◆B型肝炎◆C型肝炎◆成人T細胞白血病◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)◆
---------------------------------------------------------------
→検査商品のご購入はこちら

淋病 潜伏期間
淋病は感染してすぐに発病するわけではありません。潜伏期間があるので、実際に症状が出てくるのはその後になります。

前の記事 | 次の記事

IT用語