トップ > クラミジア 血液検査 > クラミジア 血液検査

クラミジア 血液検査

--------------------------------------------------------------------------------
【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
--------------------------------------------------------------------------------

クラミジアの検査には、抗体と抗原の検査の2種類があります。

抗原:体に侵入するばい菌などの総称で、ここではクラミジアをさす。

抗体:体に侵入したばい菌を攻撃するもの(血液中ののリンパ球で作る)

    侵入するばい菌それぞれに1つ1つ専用の抗体が出来る。


 

まず、抗原検査ですが、これはクラミジア自体を検査するため、

クラミジアがいそうなところから採取します。

クラミジア感染の代表的な場所が、子宮や卵巣、卵管で、

この場合子宮膣部(子宮の入り口)をしらべます。

また、オーラルセックスをする人は、喉にもクラミジアがいることがあるので、

喉を綿棒でこすって検査します。

抗体の検査は、血液で行います。

クラミジアに感染したら、それに対する抗体ができますので、それを計ります。

ただ、この場合、感染部位は分からず、体のどこかにいることだけしか分かりません。

また、抗体は、クラミジアが治療でいなくなってもしばらく陽性で出つづけるので

いつの感染かというもの分かりません。

 

 

抗体検査が優れている点は、非常に感度が高いことで、

感染の有無だけは必ず分かります

(抗体が陰性なら(血液検査が陰性なら)クラミジア感染は100%否定できます)。

これに対して、抗原検査は、クラミジア自体がいるところを検査しないと、

実際感染してても陰性に出ることがあるので、

感度が落ちます(抗体に比べ、治療判定には役立ちますが)。

最後に、クラミジアは体で作られる抗体だけではやっつけることはできません。

ちょっと特殊な抗生物質の内服が必要です。

また、1度直しても、再発する人もたまにいますので、

この場合はその都度治療が必要となります。

---------------------------------------------------------------
【ニュース】 増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切!
---------------------------------------------------------------

◆性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加しています。
STD感染者数はここ4~5年で急増し、国内感染者数は600万人、
毎年60万人が感染していると推定されています。
代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、
20代前半女性の16人に1人、10代後半女性の21人に1人が
感染しているとの報告もあります。

◆特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくく、
知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。
治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や
出産時の母子感染の可能性もあります。

◆HIV(エイズウイルス)感染も性感染症です。
先進国でHIV感染者数が増えているのは日本だけです。
クラミジアなどの性感染症に感染していると、HIVに感染する危険度が
3~5倍高くなるといわれています。

◆今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気でなく
誰がかかっても不思議でない病気になっています。
心配な時は、まず検査を受けることが大切です。

◆STD研究所の ◆性病検査 STDチェッカー◆ は、
ついためらいがちな性病検査を、自宅で簡単に受けられる検査キットです。
自宅で採取した検査物(尿・分泌液・血液)をポストに投函し、
1~2週間後に結果がわかります。
匿名で受けることができ、結果はセキュリティサイト(パソコン・携帯)に
アクセスして確認するため、プライバシー対策も万全です。

◆商品タイプは18種類、検査項目が豊富で、様々なニーズに対応しています。
(検査は国の認可を受けた登録衛生検査所で実施されます。)
---------------------------------------------------------------
◆クラミジア◆淋菌◆HIV(エイズウイルス)◆梅毒◆
◆トリコモナス◆カンジタ◆ヒトパピローマウイルス◆
◆B型肝炎◆C型肝炎◆成人T細胞白血病◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)◆
---------------------------------------------------------------
→検査商品のご購入はこちら

クラミジア 血液検査
クラミジアの診断は血液検査でもわかりますが、感染してから一定期間過ぎないとわからにことがあります。

前の記事 | 次の記事

IT用語