トップ > クラミジア 潜伏期間 > クラミジア 潜伏期間

クラミジア 潜伏期間

--------------------------------------------------------------------------------
【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
--------------------------------------------------------------------------------

クラミジア感染症は若い女性の性感染症の中で最も多いものです。

日本全国で100万人以上の感染者がいると推定され、

特に10代、20代の女性では産婦人科患者の10~30%程度の率で感染していると、

報告されており、もはや産婦人科を訪れる30歳以下の女性は全て検査する必要があるほど

危機的状況だと言われています。

男性のクラミジア感染症は尿道炎の症状が出るために加療されることが多いのに比べ、

女性は無自覚の事が多いため放置されやすく、

男女比でも女性は男性の2倍強の罹患率となっています。

 

このクラミジアの感染症は性行為によってクラミジアトラコマーティスという病原体が

侵入することによって引き起こされます。

感染が起こった後は、

潜伏期間1~3週間でクラミジア性子宮頚管炎が発症します。

子宮頚管炎の症状はおりものが増えることもありますが、

半数以上が全く無症状であるために病気になっているという

自覚を持たないと言われています。

 

炎症が子宮頚管からさらに奥に広がると子宮内膜炎、

さらには卵管や卵巣の炎症を引き起こし下腹部痛や性交痛の原因となります。

更には骨盤腹膜炎、肝周辺炎まで進展し、腹部の激痛となり、

救急外来へ搬送されるケースもあります。

 

さらにオーラルセックスによる咽頭感染もおこります。

女性性器にクラミジアが検出される場合は、無症状であっても

10~20%は咽頭からもクラミジアが検出されると報告されています。

 

治療は7~14日間薬をちゃんと服用することができれば、ほぼ100%治癒します。

もちろんパートナーとの同時検査、同時治療が必要です。

しかし、確実な服用が行われなかったことによる治癒不完全の可能性も少なくないので、

理想的には治療後3~4週間目のクラミジア病原検査を行い、

治癒している事の確認をすることが望まれます。

 

 

---------------------------------------------------------------
【ニュース】 増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切!
---------------------------------------------------------------

◆性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加しています。
STD感染者数はここ4~5年で急増し、国内感染者数は600万人、
毎年60万人が感染していると推定されています。
代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、
20代前半女性の16人に1人、10代後半女性の21人に1人が
感染しているとの報告もあります。

◆特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくく、
知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。
治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や
出産時の母子感染の可能性もあります。

◆HIV(エイズウイルス)感染も性感染症です。
先進国でHIV感染者数が増えているのは日本だけです。
クラミジアなどの性感染症に感染していると、HIVに感染する危険度が
3~5倍高くなるといわれています。

◆今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気でなく
誰がかかっても不思議でない病気になっています。
心配な時は、まず検査を受けることが大切です。

◆STD研究所の ◆性病検査 STDチェッカー◆ は、
ついためらいがちな性病検査を、自宅で簡単に受けられる検査キットです。
自宅で採取した検査物(尿・分泌液・血液)をポストに投函し、
1~2週間後に結果がわかります。
匿名で受けることができ、結果はセキュリティサイト(パソコン・携帯)に
アクセスして確認するため、プライバシー対策も万全です。

◆商品タイプは18種類、検査項目が豊富で、様々なニーズに対応しています。
(検査は国の認可を受けた登録衛生検査所で実施されます。)
---------------------------------------------------------------
◆クラミジア◆淋菌◆HIV(エイズウイルス)◆梅毒◆
◆トリコモナス◆カンジタ◆ヒトパピローマウイルス◆
◆B型肝炎◆C型肝炎◆成人T細胞白血病◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)◆
---------------------------------------------------------------
→検査商品のご購入はこちら

クラミジア 潜伏期間
クラミジアも感染してすぐに症状がでるわけではありません。一定の潜伏期間があるのです。

前の記事 | 次の記事

IT用語