トップ > 淋病 治療費 > 淋病 治療費

淋病 治療費

--------------------------------------------------------------------------------
【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
--------------------------------------------------------------------------------

最近、おしっこの時に違和感や痛みがある、

女性の場合だったら、おりものが今までと違う...など、

性器に関わる気になることがあるとしたら、性行為感染症に感染している可能性があります。

中でも淋菌感染症は、感染する人が多い病気です。

こんな時、医療機関で検査、治療をしてもらう場合、どのくらいの費用がかかるのか、

非常に気になります。

男性なら性病科、泌尿器科、女性なら婦人科、産婦人科へ行きますが、

淋菌感染症への感染の有無は、検査をしてみなければ分からない感染症です。

 

医療機関によって金額はバラバラですが、

色々と調べてみて、平均的な所、

見た目でわかる簡単な検査処置が約1600円(保険適応なしでは約5300円)、

淋菌検査をすると約2400円(初診料を含み、保険適応なしでは全部で約8000円)という感じ。


 

それから、検査の結果によって、感染していることが分かった場合、

当然のことながら、治療費がかかりますね。

淋菌感染症は抗生物質を使って治療しますが、

使う薬によっては保険が適応されないものもあります。

また、症状が進んでいる場合、治療に時間がかかる場合もあるでしょう。

こうしたことからも治療費は違ってくると思われますから、

検査費用共々、堂々と医療機関に問い合わせてみた方が良いです。

症状が進めば、費用もかかってしまうと考えるならば、

感染が疑われたら、できるだけ早く受診することで、

治療期間が短くでき、費用もそれだけ安くなるのではないでしょうか。

 

また、様々な事情で、医療機関での淋菌感染症の検査ができない場合は、

お住まいの地域の保健所でも検査をしてくれる場合があります。

詳しいことは、保健所の窓口へお問い合わせください。

---------------------------------------------------------------
【ニュース】 増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切!
---------------------------------------------------------------

◆性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加しています。
STD感染者数はここ4~5年で急増し、国内感染者数は600万人、
毎年60万人が感染していると推定されています。
代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、
20代前半女性の16人に1人、10代後半女性の21人に1人が
感染しているとの報告もあります。

◆特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくく、
知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。
治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や
出産時の母子感染の可能性もあります。

◆HIV(エイズウイルス)感染も性感染症です。
先進国でHIV感染者数が増えているのは日本だけです。
クラミジアなどの性感染症に感染していると、HIVに感染する危険度が
3~5倍高くなるといわれています。

◆今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気でなく
誰がかかっても不思議でない病気になっています。
心配な時は、まず検査を受けることが大切です。

◆STD研究所の ◆性病検査 STDチェッカー◆ は、
ついためらいがちな性病検査を、自宅で簡単に受けられる検査キットです。
自宅で採取した検査物(尿・分泌液・血液)をポストに投函し、
1~2週間後に結果がわかります。
匿名で受けることができ、結果はセキュリティサイト(パソコン・携帯)に
アクセスして確認するため、プライバシー対策も万全です。

◆商品タイプは18種類、検査項目が豊富で、様々なニーズに対応しています。
(検査は国の認可を受けた登録衛生検査所で実施されます。)
---------------------------------------------------------------
◆クラミジア◆淋菌◆HIV(エイズウイルス)◆梅毒◆
◆トリコモナス◆カンジタ◆ヒトパピローマウイルス◆
◆B型肝炎◆C型肝炎◆成人T細胞白血病◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)◆
---------------------------------------------------------------
→検査商品のご購入はこちら

淋病 治療費
淋病にかかったら当然、治療しなければなりません。では淋病の治療費とはいったいどれくらいかかるのでしょうか。

前の記事 | 次の記事

IT用語