性病検査情報局:トップ > クラミジア 喉(咽頭)
性病かどうかは検査でしか判断できません!自宅でできる匿名検査はこちら
クリック♪性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

クラミジア 喉(咽頭)

最近のクラミジア感染症は性行動の多様化や風俗産業の多様化などにより、

いわゆる口腔性交(オーラルセックス)が定着したため、

クラミジアの咽頭感染が増加しています。

 

性体験のある風俗で働いていない一般女性122名を対象にして行った、

性交渉の際のオーラルセックスの実態についてのアンケート結果、

明らかになったのは、現在、オーラルセックスは、

性行為におけるごく普通の行為として定着している感があるということです。

しかしながら、クラミジアの咽頭感染していても、無症候性であることが多く、

これがクラミジア感染拡大のひとつの要因になっていると考えられます。

 

また2002年に、風俗嬢とそうでない一般女性で、子宮頸管と咽頭における

クラミジア感染状況について調査した結果、子宮頸管にクラミジア感染が認められた女性は、

風俗嬢では32%、一般女性では11%であり、

咽頭にクラミジア感染が認められた女性は、風俗嬢では18%、一般女性では2.6%であった。

子宮頸管にクラミジア感染が認められた例のうち、咽頭にもクラミジア感染が認められた例が、

風俗嬢では56%、一般女性では25%でした。

 

 

クラミジア咽頭感染のしたものと、子宮頸管感染したものと

様々な薬の投与で調査・比較してみると、その原因はまだ不明でありますが、

性器に感染したクラミジアと比較すると、咽頭に感染したものの方が、

治療に時間がかかることがわかりました。

クラミジアの咽頭感染は増加傾向にあるため、咽頭に症状がない場合でも、

特に、性器感染を認めたような症例では、積極的に咽頭の感染状況についても検査を行い、

必要に応じて、適切な治療を行うことが重要となっていくでしょう。

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
IT用語