性病検査情報局:トップ > カンジタ 治療法
カンジタは真菌と呼ばれるカビ菌の一種ですので治療法も薬の投与が一般的。
性病かどうかは検査でしか判断できません!自宅でできる匿名検査はこちら
クリック♪性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

カンジタ 治療法

カンジタの症状としましては、まずは女性の場合、

非常に感部にかゆみを生じることが多いです。

また、これにともない、おりもののようなものも外部にいっぱいになります。

これはカンジタが完治すると治るものですが、

その症状というのは、正直なかなか人に言えないものです。

ですが、激しい痒みがある場合は、早めに検査に行ってください。

検査方法は、膣の粘膜細胞を少し採取して、カンジタ菌の存在を見つけるというものです。

これによりカンジタ菌の存在が認められれば、カンジタの治療にうつっていくわけです。

 

基本的にカンジタの治療というのは一週間ほどかかります。

具体的には抗真菌を幹部に直接塗布したり、または座薬などを入れ、

内部と外部から同時に攻撃してカンジタ菌を撲滅します。

カンジタ菌の完全制圧には一週間ほどの期間を要しますので、

それまでは毎日治療する必要があります。

本当には三日ほどで痒みなどは引くのですが、

まだカンジタは体内に残っているので、完治するには一週間ほどを要すのです。

また、カンジタは一度治ってもまた再発する可能性が高いので、

ちゃんとした予防をしておく必要があります。

予防法としては、まずカンジタというのは最近の一種であり、

カビの一種でもあるので、まずは清潔にして、あまりむれないようにしておくことが重要です。

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
IT用語