性病検査情報局:トップ > 淋病 原因
淋病の原因は淋菌とよばれる細菌です。おもに性行為によって感染する性病です。
性病かどうかは検査でしか判断できません!自宅でできる匿名検査はこちら
クリック♪性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

淋病 原因

性器クラミジア感染症の次に患者が多い性感染症が、

淋病だと言われています。男性の250人に1人の割合で、

排尿痛などの症状が現れる淋病にかかっているようです。

感染経路の多くは、風俗女性からの口腔感染だと言われています。

女性の場合、感染しても症状が現れないことがほとんどです。

そのため、淋病に感染しているとわからないまま、

不妊症なってしまうケースも少なくありません。

最近では男性ばかりではなく、女性の淋病患者も増えているようです。

中でも、若い世代での女性患者が増加の傾向にあるとされています。

 

淋病の原因は、淋菌という細菌への感染です。

淋病の原因となる淋菌は、性行為で感染します。

一度の性行為で淋病に感染する確率は30%だとも言われています。

この確率は、決して低い数字ではないような気がします。

中には、80%の確率で感染するという説もあるようです。

いずれにしても、意外と高い確率で感染してしまいます。

感染確率は、接触の時間やどのような行為をしたのか、相手が持っている淋菌の多さ、

自分の体力など、様々なことでかなりの違いが出るとも言われています。

男性の場合は、接触後に排尿があったかどうか、どの程度の排尿があったのか、

排尿までにどのくらいの時間がかかったのかなどにも、左右されるようです。

 

淋病への感染は、患者粘膜からの浸出物が原因で起こるものです。

そのほとんどが性行為によるものなのですが、菌の抵抗性は限りなく低いといわれています。

そのため、便座やタオル、コップなどの接触が原因となり、

淋病に感染することは滅多にないようです。

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
IT用語