性病検査情報局:トップ > 淋病 感染率
淋病の感染率はどのくらいでしょう。あるいは感染率の推移は?
性病かどうかは検査でしか判断できません!自宅でできる匿名検査はこちら
クリック♪性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

淋病 感染率

淋病(りんびょう)は、淋菌 (Neisseria gonorrhoeae) の感染により起こる感染症です。

STD、性病に認定されている。感染率は約30%である。

1984年をピークに減少したが、1990年代半ばから増加しつつある。

性器クラミジア感染症と同時感染(淋病患者中20 - 30%)している場合も多いようです。

 

予防法としては、

VD(性行為感染症)である本病は禁欲が最大の予防策である。

しかし、それはちょっと難しいし、現実的ではないと思います。

次善の策としては、不特定多数

(確率的にその中に感染者が含まれているため)との性行為の自粛である。

コンドームの着用である程度予防することができるが100%ではなく、

また、口から口へという経路などは防ぐことができません。

 

治療は、男性の場合は泌尿器科・性病科、女性の場合は産婦人科・性病科を受診。

咽頭感染の場合は耳鼻咽喉科で、治癒に要する期間は3日~数週間です。

抗生物質は医師に処方された分をきちんと服用しきることが大切で、

途中で服薬を中止すると、再び淋菌が勢いを盛り返し、

完治しないだけでなく耐性菌の出現を誘発してしまう場合も有るそうです。

ただし近年は抗生物質の乱用から高い耐性を持つ耐性菌が蔓延しつつあるとのこと。

耐性菌に感染した場合は、長期にわたる可能性があるのです。

国や地域により、治療で多く使用される抗菌薬やその使用方法が異なるため、

耐性菌の検出率も異なってくるそうです。

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
IT用語