性病検査情報局:トップ > 淋病 検査方法
淋病は淋菌感染症の特徴的な症状でも診断できますが、やはり確実なのは検査です。PCR法、SDA法といった遺伝子核酸増幅法が一般的ですが、自宅で検査できるキットもあります。
性病かどうかは検査でしか判断できません!自宅でできる匿名検査はこちら
クリック♪性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

淋病 検査方法

病院での淋病検査の方法は、

女性の場合

子宮頸管から綿棒で材料を採取して検査を行います。

今では、細菌のDNAを増やして検出する検査法が確立されていて、

少ない量の細菌でも調べることができます。

この方法では、クラミジアと淋菌の検査を同時に行うことができます。

 

男性の場合は

診察のうえ、初尿を採取し、尿検査を行います。

現在では尿道の中に綿棒を入れたりはしません。

尿検査を行いますから、2時間以上尿を我慢して病院に行きましょう。

 

今では、細菌のDNAを増やして検出する検査法が確立されていて、

少ない量の細菌でも調べることができます。

この方法では、クラミジアと淋菌の検査を同時に行うことができます。

 

また、のどの検査は、綿棒でのどをこすって検体を採取する方法と、

のどをガラガラうがいして、うがい液を検体とする方法があります。

 

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
IT用語