性病検査情報局:トップ > 淋病 自然治癒
淋病は風邪などと異なり自然治癒することはないと考えたほうがよいです。
性病かどうかは検査でしか判断できません!自宅でできる匿名検査はこちら
クリック♪性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

淋病 自然治癒

まず、最初に記しておきますが、淋病に自然治癒はありえません。
ですから、きちんとした検査が必要です。
病院へ行くのはいやかもしれませんが、心配なまま放っておくのはもっともとくありません。
今は病院へ行かなくても、自宅で匿名で淋病の検査もできます。
こちらです▶クリック♪【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

ところで、淋菌感染症に感染したと思われる症状がある場合、気になる症状に気が付いてから数日後、いつの間にか症状がなくなっていたとしたら...というケースもあります。

はたして、それは自然治癒なのか?

通常、淋菌感染症をはじめ、性行為感染症に感染した場合、自然治癒はあり得ないと言われています。
もし、感染したまま、気になる症状を放っておくと、淋菌は体の内部へとどんどん侵入していきます。
表面的な自覚症状が消えたとしたら、それは自然治癒ではなくて、もっと重大な症状を引き起こす前触れだと思った方がよいかもしれません。

また、症状が消えた事を自然治癒だと勘違いしている間に、他の方と性交渉をすれば、さらに他の人への淋菌感染症の感染を拡大させることになります。

それから、淋菌感染症の疑いを持って医療機関で受診したとしても、適切な治療をしなければ、症状が軽くなるだけで、完治したとは言えない状態のままの場合もあるようです。

現在、淋菌感染症の確実な治療は、スペクチノマイシン、セフォジジム、セファトリアキソンの注射以外はないそうです。
それともう一つ多いのが、治療中に自己判断でもう治ったと考え、薬のない服を止めてしまう事です。
淋病は淋菌という菌の仕業ですから、菌が無くならなければまた再発します。医師に処方された薬は、処方された分きっちり飲みきらねばなりません。

あくまで完治の判断は、検査の結果によらなければいけません。
繰り返しますが、淋病に自然治癒はありえません。
ですから、きちんとした検査が必要です。
病院へ行くのはいやかもしれませんが、心配なまま放っておくのはもっともとくありません。
今は病院へ行かなくても、自宅で匿名で淋病の検査もできます。
こちらです▶クリック♪【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・
心配なまま放っておくのは一番良くありません。
そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!
自宅でカンタン、匿名検査。
結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!
IT用語